最近の千葉の葬儀のスタイルでは家族葬が流行していますが、家族葬とは遺体の焼却に加えて、通夜と告別式を行う葬儀です。

故人の会社の仲間や近所の人には知らせずに、家族と親しい親族だけで葬儀を行うので、余計な気を使うことはなく、家族だけで故人との別れをします。

<どこまで呼ぶかを明確に>

千葉の家族葬で呼ぶ人の範囲については明確な規定がないので、遺族で話し合って決めます。

それで、どこまでの親族を呼ぶのか、香典や供花は無しにするのか、受け取るかと行ったことも遺族の中でしっかりと話し合って決める必要があります。

また、故人と別れたい人の参列を断る時にも、相手への礼儀を欠いてしまうことがないように、理解してもらえるような仕方で葬儀を執り行う必要があります。

<家族葬の費用について>

千葉県の調査によると、家族葬でかかる費用は30万円から50万円と言われていて、どれほどの規模で行うのかによっても掛かる費用が違ってきます。

千葉の家族葬では、普通の葬儀よりも来る人が少ないので、必要な経費を抑えることが出来るようですが、香典や供花は無しにする時には収入も無くなるので、前もって話し合っておく必要があります。

<前もって葬儀社と話し合う>

千葉で自分たちが中心になって葬儀を行うにも経験が不足しているため不安だと感じる人は、葬儀社と連絡を取って、家族葬について前もって話し合っておく必要があります。

千葉の葬儀社は家族葬プランを勧めてくる会社もあるので、前もって連絡して見積もりを依頼することもできるでしょう。