近年日本全国で流行しているのが家族葬という葬儀のプランで、千葉でも多くの人がこの方法で葬儀を執り行っています。

一般葬と比べると葬儀の費用も安めで、千葉では30万円から50万円を考えておけばいいようです。

<家族葬は誰を呼ぶか>

家族葬とは、故人の家族と親しい人だけが集まって行う小規模の葬儀なので、儀礼的なことを過度に心配せずに済みます。

※関連記事>>家族葬 誰を呼ぶべきか:読売新聞

それで、参列する人のうち千葉在住ではない、あまり縁のない人への余分の配慮は必要ないので、葬儀を行う人は精神的に楽になります。

さらに、親しい知人だけで行われるので、受付や礼品などは準備せずに、かかるお金も安く済ませることができるようです。

<呼ばない人への礼儀も忘れずに>

一般葬では、故人の会社関係や友人など多くの人に知らせますが、家族葬は小さな規模で行います。

その為、本当なら呼ぶべき人がいる場合、相手への礼儀として、呼ばない理由を前もってきちんと話しておく必要があります。

また、千葉在住ではなくても、どうしても葬儀に出たいという人もいるので、角を立てないで断れるように、前もって参列を断る文章を準備しておく必要もあります。

家族の中で葬儀をするときは、香典や供花また弔電を受け付けない方向で考えるため、前もって通知しておいた方がいいでしょう。

<家族葬のデメリット>

千葉では、家族葬で呼ぶのは故人の家族と親しい友人だけなので、香典や供花また弔電を受け付けないことが多く、収入が無くなり、葬儀にかかるお金を調達出来ないこともあるそうです。