一昔前と比べると日本の葬儀は大分簡略化されたそうですが、今でも因習が残る地域もあります。

そして、葬儀の方法や行い方は各土地によって異なり、千葉でも市内と農村部では違いがあるようです。

<千葉で火葬する時は公営の斎場を使う>

ある調査によると、千葉ではほとんどの人が遺体を燃やす時には、公営の斎場を使っているようで、民営の火葬場を使う人はとても少ないようです。

対照的に、東京など人口が多い都市では、公営の斎場が申込者でいっぱいになるので、申し込んでもすぐに火葬出来るとは限らず、半分以上の人は初めから民間の火葬場に申し込むそうです。

<告別式と通夜は民間の斎場で>

千葉の葬儀では、遺体を燃やす時には、公営の斎場を使いますが、通夜は、千葉の約7割の人は民間の斎場で行い、残りの少数の人は公営の斎場で行うようです。

また、告別式の時も全体の約6割の人が民営の斎場で行うようで、公営の斎場で行う人は少ないようです。

千葉の葬儀の時には、招いた参列者のことを気にかけるのが一般的なので、告別式や通夜は民間の斎場で行う方が準備が便利だと感じているようです。

また葬儀社に関しては、千葉県での葬儀なら【博全社】に依頼する方が多いです。

<葬儀の規模も大きめ>

ある調査によると、東京で行われる葬儀の規模は、大体10人くらいで、多くても30人に満たないようですが、千葉では50人以上が主流のようです。

東京は核家族化が進み、親族も近くには住んでいないので参列する人の数は多くはありませんが、地方都市の千葉では、親族や友人を呼ぶと葬儀に参列する人数が増える傾向があるようです。